ASPJ 第3回合同写真展「星の風景」開催のご案内

ごあいさつ

  いま夜空には人工光があふれ、暗闇と星空が急速に失われつつあります。しかし、人が自然の一部であるのならば、「夜」という自然現象の本来の姿もまた、決して忘れてはならないものでしょう。星の輝きは宇宙の神秘を私たちに語りかけ、月の光は闇を蒼白く照らして、人の感性をいたく刺激します。
 この写真展は、写真家が星空や自然風景と真摯に対峙して撮影した「星景写真」の数々を展示し、星空を見上げたときの感動を広く一般の皆さまと共有し、星や宇宙への関心をさらに深めていただくことを期待して開催するものです。
 「星景写真」(星空のある風景写真)とは、星空と地上風景を同一画面に写し撮ることによって、星空を見上げたときの感動を表現しようとするものです。近年は撮影される方も増え、一つの写真ジャンルを築くに至りました。私ども日本星景写真協会は、プロ・アマを問わない星景写真家の全国組織として活動しています。
 全紙サイズクリスタルプリントに広がる夜空の世界を心ゆくまでお楽しみください。

日本星景写真協会
会長 竹下育男
会 員 一 同


【島根県 三瓶展】
と き:2016年3月19日(土)~5月22日(日)
    午前9時30分~午後5時
    (4月~9月の土曜日は午後6時まで)
ところ:島根県立三瓶自然館サヒメル 三瓶自然館回廊
    島根県大田市三瓶町多根1121-8
    http://www.nature-sanbe.jp/sahimel/
展示数:全紙50点(会期中盤に9点の入れ替えあり)
休館日:毎週火曜日(休・祝日の場合は翌平日に休館)
入館料:写真展の観覧は無料ですが、入館料が必要です。
    大人      600円
    小・中・高校生 200円
    ※プラネタリウム観覧料含む

今後のスケジュール
  • 小諸展  2016年5月27日(金)~6月12日(日)「小諸市小諸高原美術館」
  • 宮城展  2016年7月上旬~8月10日(水)「宮城県パレット大崎プラネタリウム」
  • 宮崎展  2016年9月28日(水)~10月10日(月・祝)「宮崎科学技術館」
  • 佐賀展  2016年10月15日(土)~11月13日(日)※予定「佐賀県立宇宙科学館」
  • 倉敷展  2017年2~4月ごろ「倉敷科学センター」
  • 富山展  2017年4月29日(土・祝)~6月4日(日)※予定「富山市科学博物館」
  • 名古屋展 2017年7月~8月ごろ「セントラルギャラリー」
  • 野辺山展 2017年10月~11月ごろ
  • 東京展  2017年12月~2018年1月ごろ「多摩六都科学館」
  • 山口展  2018年2月~4月ごろ「山口県立山口博物館」
  • 郡山展・千葉展・上越展(開催時期調整中)

※その他、兵庫県、広島県、九州で検討中です。


【出展者一覧】
有賀 哲夫✽(長野県)   池田 晶子 (東京都)   牛尾 章兵 (兵庫県)
内山しおり (愛知県)   榎本 正和 (福岡県)   太田 直志✽(長野県)
大西 浩次✽(長野県)   オギハラシゲノリ (埼玉県)   奥田 大樹 (埼玉県)
加藤 久豊 (神奈川県)  金子 修子 (新潟県)   川内 直也 (東京都)
河本 裕美 (兵庫県)   菊池 秀樹 (神奈川県)  久保田俊雄 (長野県)
笹山 幸一✽(富山県)   佐藤 雅子 (東京都)   篠原 治樹 (新潟県)
島村 直幸 (福岡県)   新庄ひろ美 (長野県)   杉  大介 (愛知県)
鈴木祐二郎 (東京都)   銭谷 智明 (岐阜県)   竹下 育男✽(愛知県)
竹之内貴裕✽(長崎県)   田代 美佳 (広島県)   鳥羽 聖朋 (兵庫県)
中川 達夫✽(富山県)   中川 博  (大阪府)   長浜ユカリ (宮崎県)
西澤 政芳 (北海道)   服部 完治✽(愛知県)   福迫 一良 (福岡県)
船田 良邦 (愛知県)   船橋 弘範 (岡山県)   古勝 数彦✽(東京都)
宮川 正  (神奈川県)  安田 幸弘✽(埼玉県)   山本 勝也 (神奈川県)
渡部 剛  (神奈川県)
                         (アイウエオ順40名/✽=正会員)